恋愛LINEテンプレート

 

 

From:稲村達哉

 

 

 

何このLINE

 

し、あなたが何気なく送ったLINEが原因で
好きな女性から

 

「この人と付き合うのはちょっとないかも…」

 

と思われてしまっていたとしたら…

 

どうですか?

 

実はかなり多くの男性が女性とのLINEのやり取りで
致命的な失敗をしています。

 

交換直後の挨拶LINE
何気ない日常の報告LINE
相手に対する質問LINE
合コンや友人との飲み会後に送るLINE
相手が体調を崩した時の気遣いLINE
相手が困っている時の相談・心配LINE
イベントのお知らせLINE
仕事の連絡LINE
デートに誘う時のLINE
デート直後のありがとうLINE
相手の誕生日に送るLINE
謝る時のLINE
告白をする時のLINE

 

などなど

 

あらゆるシチュエーションで
ミスを犯しています。

 

勿体無い。

 

LINEで失敗さえしなければ
スムーズにデートに行けて、そして、

 

そのまま付き合えたかもしれないのに…

 

特に現在、既読無視、未読スルーされてる場合

 

『これまでのLINEの送り方が間違っていた』

 

と判断するほうが賢明です。

 

女性は本当に分かりやすい。

 

あなたに好意があるのなら、
必ず返信があります。

 

返信が無い、ということは
残念ながら『今の段階では』
あなたは恋愛対象外となってしまっています。

 

ただ、多くの男性がLINEでミスをしてしまうのは
仕方のないことかもしれません。

 

我々男性は、
『友達に送るやり方』や『仕事の上での送り方』
はなんとなく経験で分かっています。

 

が、『恋愛での正しいLINEの送り方』は知りません。

 

「恋愛での正しいLINEの送り方…?」

 

そう聞いて違和感を覚える人も
多いかもしれません。

 

「LINEなんて、みんな同じように
送ればいいんじゃないのか?」

 

いいえ、違います。

 

「男性として魅力的だ」

 

と思われることを目的として
女性にLINEを送る場合には、

 

ちゃんとした法則があります。

 

ましてや、惚れさせるという目的で送るのなら
戦略的にLINEを送らないと絶対に上手くいきません。

 

『男の友人に好感を持たれるLINE』
や『仕事で評価されるLINE』

 

要するに、『対男性に対して送るLINE』
と『女性が異性として好感を持つLINE』
とでは 全くの別物と思って下さい。

 

これらをごちゃ混ぜにして考えているので
失敗をしてしまうのです。

 

好きな女性と付き合いたいのなら…

 

尚更『恋愛LINEのルール』を厳守する必要があります。

 

逆に言うと、それさえ守ってLINEを送っておけば、
女性に好意を抱かせることは難しくありません。

 

とにかく、恋愛におけるLINEのやり方は
あなたが想像している常識とは全く違うものです。

 

好きな女性に致命的に嫌われて
手遅れになってしまう前に

 

一刻も早く正しい恋愛LINEを知ってもらいたいので
この手紙を一字一句逃さず、最後まで、
一気に読み終えてください。

 

 

いつまで好きな子の

 

えば、以下のようなことを
LINEでしてしまっていませんか?

 

●即レス

 

●質問、疑問文で終わる

 

●3行以上の長い文章で送る

 

●今流行りのスタンプや絵文字

 

●誕生日おめでとうLINE

 

●あけおめLINE

 

●返信が遅いので、追撃LINE

 

残念ながらこれらのLINEをしてしまっていては

 

いつまで経っても、
好きな子はあなたに振り向きません…

 

それどころか、

 

やればやるほど、好きな子に嫌われますよ…

 

その他にも、例えば、

 

デートで日にちを提案する時に
女性の方からいつが都合が良い日か
を聞かれたとして

 

「いつでも空いてるから大丈夫笑」
「〇〇に合わせるよ!!

 

みたいな、奉仕LINE。

 

会社や学校で好きなの子が病気で休みだと知って
普段LINEをしてないのに、いきなり

 

「体調崩したって聞いたけど
大丈夫かー?
何か必要なもの持っていこうか?」

 

などの気遣い心配LINE。

 

あるいはデートが終わった後に

 

「今日はデートしてくれてありがとう」
次のデートも楽しみにしてる!」

 

みたいな、感謝LINE。

 

相当ヤバいです。

 

確実に『男としての魅力』
を下げてしまっています。

 

なぜ即レスがダメなのか?
仕事上の連絡だったり、
すでに彼氏であることを除けば、

 

女性は男性に即レスをされると

 

「え? この人、他にやることないの?
暇な人なの?」

 

と感じるのです。

 

この女性特有の思考パターン、分かりますか?

 

普通の男性なら理解し難いと思います。

 

特にいい人と言われている男性ほど
理解し難いと思います。

 

ちなみに、私も初めは全く理解できませんでした。

 

もちろん、すでに惚れている男性が即レスしてくれたら、
初めは喜びます。

 

でも、それが続くとだんだんその男性への好意は
逆に冷めてしまうのです。

 

この女心、分かりますか?

 

即レス以外のアクションがダメな理由にも
それぞれ、女性の隠された心理があります。

 

上記のようなLINEを続けていると
初めは相手もちゃんと返信をくれていたのに
そのうち、反応が悪くなります。

 

そして、既読無視され…

 

数日経っても返信がないことに焦り
その後大抵、追いLINEをしてしまいます。

 

それでどうなるのか?

 

最悪、ブロックされます。

 

私もこの8年間で、延べ4456人の方に
恋愛を教えてきています。

 

このパターンは腐るほど見てきましたし、
原因を説明し、解決もしてきました。

 

 

LINE思考パターン

 

レスに対する女性心理を
さらに深掘りして説明します。

 

ほぼ全ての男性があまり深く考えずに
好きな女性には即レスをしてしまっています。

 

なんならそれで、

 

「女性の好感度が上がる!」

 

くらいに思っています。

 

昔の私もそうでした。

 

でも、現実は全く違います。

 

確かに、即レスした方が良いシチュエーション
というのは存在します。

 

が、そのほとんどはすでに付き合ってる場合であり、
付き合う前は即レスしない方が、
女性の好感度は上がります。

 

そもそも、なぜ、我々男性は即レスを
してしまうのでしょうか?

 

まず、これをしっかりと認識してください。

 

大きく分けて3つのパターンがあります。

 

=====================

1 女性への返信を待たせて嫌われたくない、
怒らせたくないという心理から

 

2 早く返信をすることで、相手に
「君は特別だよ」というアピールをして

好感度を上げたいという心理から

 

3 そもそも何も考えずに好きという感情の
赴くままに即レスしてしまっている

=======================

 

この3つに共通することはなんだか分かりますか?

 

それは自分(男性側)の視点だけで

全て判断している、ということです。

 

自分(男性)が

〇〇された嬉しい!

 

自分(男性)が

〇〇されたら嫌だ…

 

という価値判断で考えてしまっている

ということなんです。

 

例えば、パターン1

 

待たされるのは嫌ですよね?

 

また、仕事において相手を待たせるというのは

相手の時間を軽んじてる、無駄にしていることであり

基本的に失礼な行為です。

 

ひいては自分の評価を下げる行為となります。

 

仕事ができる男はレスが早い男性の固定観念もあります。

 

誰かに何かの用事や連絡があってLINEをしたとして

すぐに返信があったら嬉しいし、助かりますよね。

 

逆にいつまでも待たされたら、イライラしてしまいます。

 

このような男性側の心理から

好きな女の子からLINEが来た時、

 

もし、ここで相手にすぐに返信しないと

 

イラつかせる

怒らせる

嫌われる

かもしれない…

 

という恐怖心が発生して

即レスをしてしまうのです。

 

次にパターン2

 

あなたも暇ではないと思います。

 

日々、やらなければいけないこと

は沢山ある事だと思います。

 

どうでもいい内容のLINE

嫌いな上司からのLINE

別に好きでもない女性からLINE

 

への返信はどうしても後回し

になると思います。

 

なぜなら優先順位は低いから。

 

それを踏まえてもし、

自分が好きな女性にLINEを送ったとして

すぐに返信がきたら…

 

シンプルに嬉しいですし、

自分が好かれている、他の事よりも優先されてる

という優越感を得られますよね。

 

だから、女性にも同じ感情を得てもらいたくて

パターン2のようなLINEをしてしまうのです。

 

最後にパターン3

 

男性は女性を好きになると

 

「相手も自分のことを同じように(同じテンションで)

好きであって欲しい」

 

という希望的観測をうっすらと持ちます。

 

その状態が続くと、

 

「相手も俺のことを好きなんじゃないか?」

 

という根拠のない錯覚に陥りやすくなります。

 

その状態で好きな女性からLINEが来ると

衝動的に無意識で指が動いてしまいます。

 

これはとにかく、

 

『こちらが好意を示せば、

相手も同じくらいの好意を示してくれる』

という幻想からきています。

 

巷の薄っぺら恋愛系YouTuberの情報に

毒され過ぎです。

 

 

そもそも

 

て、ここで気付いて欲しいです。

 

そもそもの前提が間違っているのです。

 

パターン1の間違い

 

すぐに返信をしないと、女性に嫌われてしまう…

 

本当でしょうか?

 

自分ごとに置き換えてみてください。

 

仮にあなたが好きな女性に

LINEをしたとして

 

即レスされないからといって…

 

嫌いになりますか?

 

むしろ、逆じゃないですかね?

 

返信がない方が、かえって

気になりませんか?

 

返信があるものだと思ってしたLINEであるなら尚更

返信がないと心配になって、

 

「俺が嫌われたんじゃないか?」

「何かしたんじゃないか?」

 

自分に非があるように思い、

焦りませんか?

 

パターン2の間違い

 

確かに、即レスすることで

相手の女性に特別感を与えることはできます。

 

即レスされれば、女性は

 

「他のことよりも私を優先してくれているのかな」

 

と思うかもしれません。

 

が、これは同時に好意バレもします。

 

好きだから、特別扱いをするのですよね?

 

付き合ってる時なら、その理論で

特別感を演出するのもいいでしょう。

 

というか、時にはそれをしないとダメです。

 

でも付き合う前、つまり、

まだあなたに完全に惚れる前の状態で
それをしてしまうと…

 

女性はあなたとの好意の温度差に

ドン引きしてしまいます。

 

そもそも特別感を与えたからといって

女性が惚れるわけではない、ということです。

 

パターン3は上で説明した通りです。

 

 

惚れたら負け

 

ターン2の説明で納得がいかない人もいるかと

思うので、さらに細かく説明します。

 

昔からよく

 

「恋愛は惚れたら負け」

 

と言われてますが

 

これは絶対的な真実です。

 

先に『恋愛の絶対法則』を教えますが

男性の場合、好きな女性と付き合いたいと思ったら、

 

彼氏彼女という関係を確実に構築するまでは

あなたの好意を『完全に』バラしてしまうことは

絶対にしてはなりません。

 

(※ここで敢えて『完全に』と書いたのには
意味があります。
後で繋がりますのでここではスルーしてください。)

 

例えば、

 

真面目な告白

LINEで即レス

好きな子だけ特別扱いをする

常に褒める

 

などの行為です。

(まだまだありますが)

 

女性は男性から好意を(完全に)バラされると

 

「この人、私のこと好きなんだな」

 

と悟ります。

 

そしてその後、どういう心理になるのかというと…

 

「この人(あなた)は別に
頑張らなくても、焦らなくても

いつでも自分の好きな時に付き合えるな、
ふーん、ツマラナイ」

 

と変化していくのです。

 

あなたと付き合うも、付き合わないも

その選択権は完全に彼女にあります。

 

主導権は完全に相手の女性。

 

男性ならこの状態は嬉しいですよね。

 

自分が好きな時に好きな女性と付き合えたら

そんなストレスフリーなことはありません。

 

でも、女性は違うのです。

 

この状態になってしまうと

仮にそれまであなたのことを

男性として魅力的だと思っていたとしても

途端に冷めてしまうのです。

 

蛙化現象の1つです。

 

 

誰も教えてくれない

 

ぜか?

 

それは男性と女性とは根本的に

恋愛に求めるものが違うからです。

 

男性はすぐに結果
(Hをする、彼氏彼女になるという口約束)

を求めます。

 

が、女性は結果よりも、その過程で得られる

付き合えるのか、付き合えないのか分からない

ドキドキ、ハラハラするという感情の方を優先します。

 

時には辛い、悲しい、寂しい、軽くムカつく

というような負の感情をも求めます。

 

いいですか、

 

女性が恋愛に求めるものは

『感情』です。

 

それも良い方向性の感情だけでなく

時には負の方向性の感情もです

 

色んな感情にさせてくれる恋を

女性は求めているのです。

 

安心、安全で、いつも同じはツマラナイ。

 

恋愛には適度にストレスがあった方が

嬉しいし、楽しいと感じるということです。

 

人生と同じで、山あり谷あり、

良い時もあれば悪い時もある。

 

その落差、ギャプを楽しみたいのです。

 

付き合えるか、付き合えないのか分からない

このドキドキ、ハラハラ。

 

その感情を与えてくれる男性を
女性は求めます。

 

この感覚、男性にはなかなか

分からないと思います。

 

よく「男は優しいだけじゃダメ」という

女性の言葉を聞きませんか?

 

それはこの女性特有の心理からきています。

 

実は女性は結果をあまり、

重要視してません。

 

付き合っていようが、Hをしてしまっていようが

あなたにドキドキ、ハラハラを感じなくなったら

平気ですぐに他の男にいきます。

 

だから、浮気もするし、不倫もなくなりません。

 

付き合った後のドキドキとは、

私が頑張って努力をしていないと

 

「もしかしたらこの人はどこか、

他の女性のところに行ってしまうかも
しれない…」

 

そういう一抹の不安、感覚です。

 

※勘違いして欲しくないのは

浮気や不倫を推奨しているのではなく

そういう雰囲気を演出しないとダメだ、

ということです。

 

ここが分からないので、多くの男性は

好きな女性に限って上手くいかないのです。

 

ついつい、分かりやすく

一途に真面目に

 

「君『だけ』を見ている」

 

みたない感じでアピールをしてしまいます。

 

それでは、なんとなくツマラナイのです。

 

ドキドキ、ハラハラという感情を

どれだけ女性に与えられるか?

 

で、あなたのモテ度は決まります。

 

※今回はあくまでもLINEの話はなので

この話についてはあまり深く話をしませんが。

 

では、付き合う前に女性はがいつ

一番ドキドキするのか?

 

それは自分が『いいなと思った男性』=気になる男性
を追っている時です。

 

 

女性が恋をしている

 

『追っている』とは

 

自分が気になった男性の気を引こうと

何かしらのアクションをして

 

そして、相手の返信や反応を待って

 

「ああでもない、こうでもない」

 

と考えてる時です。

 

自分(女性)が起こしたアクションに対して

 

「この人はどんな反応をするのだろう?」

 

「私のことどう思っているのかな?」

 

「付き合ってくれるのかな?」

 

と、考えてる時が一番ドキドキするのです。

 

堪の良いあなたなら、

もう気付いてると思いますが

 

『好意を完全にバラしてしまう』

ということは女性がドキドキする時間を奪ってしまう

ということに他なりません。

 

あなたの気持ちが分からないからドキドキするのに、

それを敢えてバラしてしまっては台無しなのです。

 

プレゼントと同じ。

 

何をくれるか分からないから

ドキドキするのです。

 

絶対に勝てると結果の分かっているゲーム

ほどツマラナイものはない、

 

という感覚と同じです。

 

女性は男性に分かりやすく追われると

途端に冷めてしまうというのは

 

こういう理屈です。

 

 

女性が気になる

 

こで1つの疑問が出てくると思います。

 

「そもそも、女性が気になる男になるには?」

 

外見や会話した時の印象などで

相手の女性のタイプだというのも

1つのポイントです。

 

が、実は女性が一番重要視しているのは、

 

『他の女性からモテているかどうか?』

 

という点なのです。

 

『沢山の、可愛い女性からモテている』

がベストです。

 

でも、量と質(一般的に可愛いかどうかという外見)

のどちらが重要かと言うと、圧倒的に量です。

 

極端な話、

 

めちゃめちゃ美人1人にだけ好かれてる男性よりも

ブス100人に好かれている男性の方が

 

女性からの評価は高いです。

 

ジャ●ーズや芸能人が良い例です。

 

女性は周りの評価、意見にかなり流されやすいです。

 

周りの多くの女性が評価をしていると

初めはそんなにカッコいいと思わなくても

そのうち、自分もなんとなくその男性を

高く評価するようになってしまう、

 

そういう生き物だ、ということを

覚えておいてください。

 

とにかく、

『他の沢山の女性からモテている』

ということを、

 

どうやって相手に見せるか(伝えるか)が、

一番大事になってきます。

 

なぜ多くの女性にモテていた方がいいのか?

 

それは女性も頑張らないと

いけなくなるからです。

 

ライバルが多ければ多いほど、

男性がどの女性を選ぶかは分からない

と女性は本能的に思います。

 

ここで理解して欲しいのは

 

我々、男性からしたら

 

「いやいや、さすがに、この女の子は選ばないよ」

 

という外見の女性であっても

女性同士はライバルと思ってしまう

ということです。

 

あなたに恋心を寄せているという

素振り、事実があるだけで

 

女性は『その女性』をライバルだと認識し、

不安を感じるのです。

 

われわれ男性が可愛いと思うかどうかはどうでも良く

どんな外見であれ、女性はみんなライバル同士、

そういう感覚なのです。

 

ライバルが多ければ多いほど

手に入れるのは困難になります。

 

気になる男性に振り向いてもらうために

自分が頑張って努力している、

 

そういう男性のために自分が頑張っている瞬間が

女性はたまらなく好きなのです。

 

頑張って頑張ってやっとふりむてもらい

多くのライバルの中から選ばれる

 

女性はこの優越感が堪らなく欲しいです。

 

なんでもそうですが

簡単に手に入るものよりも

ずっと追い求めて頑張って、

努力して手に入れたものの方が

 

嬉しさは大きいですよね?

 

女性はその感動(感情の起伏)を

恋愛に求めています。

 

 

クズ男

 

性にモテていることを演出する方法は

沢山ありますが、

 

一番簡単な方法は

『彼女の存在を匂わせる』ことです。

 

また、このポイントも

男性には理解し難いと思います。

 

私もこの事実を知った時には

 

「えー!」

 

となりました。

 

が、これは事実です。

 

実際問題、彼女がいた方がモテます。

 

彼女ができた途端にモテた、

あるいはモテ出した友人がいる

という経験はありませんか?

 

「なんだその不誠実な理論は?」

「彼女がいるのに他の女性にちょっかい出すなんて
ダメだろ…」

 

と、いい人ほど、真面目な人ほど
そう思います。

 

が、恋愛は理屈でするものではないのです。

 

めちゃくちゃドライなことを言いますが

 

付き合っていても、もっと良い異性がいたら、

そっちに行くのは普通のことです。

 

『彼氏彼女』、『付き合っている』なんて、

ただの口約束でしかありません。

 

人の心を強制的に縛れるほどの

拘束力はないのです。

 

だからこそ、相手に愛想をつかされないように

常に異性としての魅力を磨き続ける必要があるのですが

この辺の話はまた別の機会にします。

 

もちろん、結婚をしていたり、

子供がいる場合は話は変わってきますよ。

 

モテる男、モテる女というのは

彼女、彼氏が途切れません。

 

どういうことかと言うと

 

彼女、彼氏がいる段階で

他の異性と出会います。

 

でも、何度か会ってるうちに

 

「あ、この人いいな」

 

と思い始めます。

 

もちろん、彼氏彼女がいるので初めは

多少のブレーキがかかりますが、

それでも好きになってしまった気持ちは止められない。

 

それで、たいていの場合は、

その場の流れでキスや肉体関係を結んでしまい、

付き合うことを確定させてから、
今の彼女、彼氏と別れるのです。

 

別れたと思ったら、すぐに次の彼氏彼女ができているのは

そういうことです。

 

(※この辺の細かいやり方は『恋愛百科事典』の
二番手の法則を参照にしてください。)

 

真面目で、誠実な男性ほどこれは理解できないし、

不誠実だと憤りを覚える人もいるかもしれません。

 

でも、恋愛とはそんなものです。

 

理屈ではないのです。

 

人の好きという感情は

 

口約束で縛ろうが、

法律で縛ろうが

 

止められません。

 

特に女性はそうです。

 

理不尽なことが前提です。

 

倫理的、道徳的な話は置いておいて、

いつまでたっても、この世の中から

事実として不倫はなくならないですねよ?

 

それが本質です。

 

何が言いたいのかと言うと

 

『人間の本能、自分の感情に
素直な方がモテる』

 

ということです。

 

生物として、女性はより強い男性を求めます。

 

より強い男性と一緒にいた方が自分の生存確率、

子孫を残せる確率が上がるからです。

 

これはもう生物としてDNAに刻まれています。

 

『強さ』とはこの世の中を生き残っていく強さ、

子孫を安心して残せる強さのことを言います。

 

現代においては

肉体的な強さだけでなく、経済力や他人への影響力

コミュニケーション能力なども強さに含まれます。

 

(※この強さについては話出すととてもここだけでは

書ききれないので、割愛します。)

 

『彼女がいる=すでに他の女に選ばれている』

 

ということは、

 

「この男性はすでに生存能力が高いことが立証されている」

 

と、女性は判断します。

 

なので、彼女がいた方がモテるのです。

 

また、禁断の恋であればあるほど

背徳感もあって燃えるのも女性特有の心理かもしれません。

 

人間ダメだと言われると余計に欲しくなる心理と同じです。

 

浮気をしまくるクズ男がモテる理由、
分かりましたか?

 

 

恋愛はステータス

 

愛はどちらのステータスが高いか

というゲームだと思って下さい。

 

モテる男=手に入りにくい男=彼女がいる男

=ハイステータス

 

この図式を頭に入れてください。

 

あなたよりも女性の方が惚れている。

 

女性があなたを振り向かせるために

時間、お金、労力を使わないといけない、

あるいは既にそれらを使っている。

 

この状態がハイステータスです。

逆になってはダメ。

 

たとえ、あなたがすでに女性に惚れてしまっていても、

意地でも、このハイスータスな男である

という演出をすることが

 

好きな女性と付き合うためには

最も大切です。

 

まず、モテる男性は

『分かりにくい』です。

 

本心が掴めません。

 

沢山の女性に同じように接していて

誰が本命なのか読めない。

 

でも時折、ターゲット(付き合いたい女性だけ)に対して、

 

「君のことが好きだよ」

 

と、勘違いさせるような素振り
(若干、好意をバラすような行動)
も敢えてします。

 

このような、態度を取られると

女性は混乱をし始めます。

 

余計に男性の本心を知りたい、

と思い、追い始めます。

 

この掴めない男を演出する方法の1つに

『無反応』というテクニックがあります。

 

相手が、こちらの気を引こうとして

行う行動に対して反応しない、スルーする

というものです。

 

例えば、

 

モテる女性ほど男性への距離感が近く

簡単にボディタッチをしてきます。

 

体の一部を触ると、男性が喜ぶ

ドキドキするということを分かっているのです。

 

恋愛経験がまだ無く

女性に慣れていない男性だと

 

これをされるだけで

 

照れて、声がつまり、

人によっては顔が赤くなるでしょう。

 

そして、

 

「好きじゃない人には触らないような…」

「ということは俺のこと好きなのかな」

 

と早とちりをして、一瞬でその女性のことを

本気で好きになってしまいます。

 

女性の思う壺です。

 

これに対して、無反応テクニックを使うと

どうなるのかというと

 

例えば、触られた瞬間に

 

「それ、まじで悪い女(笑)」

「普通の勘違いするよ(笑)」

 

と相手の心を読んで指摘してしまいます。

 

こうすることで、

 

「この人触られても、何も動じないんだ(無反応)

それどころか、ちゃんと余裕で切り返してくる!

女性に慣れてる証拠だわ!(=モテている)」

 

という風に女性に思わせることができます。

 

この他にも

 

●みんなが外見を褒める中、敢えて褒めない

●飲み会などで先に帰ってしまう

 

なども、無反応テクニックに入ります。

 

まだまだ、沢山あります。

 

このテクニックは可愛い女性ほど、

より効果を発揮します。

 

可愛い女性はそれまで多くの男性に言い寄られているので

 

「〇〇すれば、男性はみんなこうなる」

 

ということを本能レベルで分かっています。

 

なので、その型にはまらなかった時

(良い意味で期待を裏切られた時)

の反動が半端ないのです。

 

女性の予想通りの行動をしてしまう男性

(分かりやすい男性)はツマラナイ、

そして、ステータスが低いと思っています。

 

女性は常にステータスの高い男性を探して

テストを仕掛けてくるのです。

 

そのテストに『無反応』というテクニックで

応じなければその女性を口説き落とすことは

到底不可能です。

 

ただし、補足で付け加えますが

『いつまでも無反応ではダメ』です。

 

タイミングを見て、

女性が望む反応(若干、好意をばらすような行動)
をしていくことも必要
です。

 

なぜなら、ずっと無反応では女性が付け入る隙がなくて

 

「この人は無理だ…」

 

と気持ちが擦り切れて諦めてしまいます。

 

我々男性は好きになると、かなり執着してしまいますが

女性は驚くぐらい、気持ちの切り替えが早いです。

 

タイミングを逃すと

恋が冷めるのも早いです。

 

無反応テクニックは

グラデーションが大事です。

 

初めはあまり反応しないで

女性を焦らせて、動かせます。

 

で、相手を追わせて、徐々に仲良くなるにつれて

ちゃんと相手の欲しい反応に寄せていくことです。

 

ベストは女性が望む結果を初めはわざと裏切り

でも、そのあとに相手の期待以上の結果を出してあげる。

 

サプライズのやり方と同じです。

 

一度ガッカリさせて、感情を下げておいた方が

その反動で同じことをしても、嬉しさがより増す

という理屈です。

 

 

即レスが

 

う、ここで気付く思いますが

即レスは無反応とは真逆の行為。

 

だから、ダメなのです。

 

女性は

 

「好きなら、この人私のLINEには
常に反応するんだろうなー」

 

とタカをくくっています。

 

相手の予想通りの反応をしてしまうことで

 

「この人はステータス低い、モテない、ツマラナイ」

 

と判断されてしまいます。

 

『常に女のケツばかりを追いかけていて

女性の行動に脊髄反射で動いてしまう』

 

このような行動を取ってしまう大元の原因は

女性(可愛い)との出会いに飢えているから

もっと言うと女性に飢えているから、です。

 

「せっかく出会った可愛い子(好きになってしまった女性)

との恋を失敗させたくない」

 

「この恋を逃したら終わりだ!」

 

という焦りが即レスなどの行動をさせてしまうのです。

 

即レス、それすなわち、女性に飢えている証拠、

モテない証拠に他なりません。

 

女性はそんな男性には

何のトキメキも感じないのです。

 

女性が男性に求める理想像は…

 

他の女性にもモテていて欲しい,

そして、その多くの女性の中から

私を選んで欲しい。

 

そのために私は頑張りたい。

 

自分のことを蔑ろにして欲しいわけでは無いけれども

自分の夢や仕事を大切にして頑張っていて欲しい、

 

あとで、ちゃんと連絡をくれればいい、

言葉をくれればいいから

 

夢や仕事を頑張って欲しい。

 

私はそれを支えたい、応援したい。
(あなたのことを思いながら)

 

そう思っています。

 

自分の夢や仕事を適当に後回しにして

最優先事項は女性、好きな子の機嫌を損なわないように

常に女性に合わせて、振り回されている男性は

 

ダサい、ステータスが低いと思うのです。

 

この微妙な女心を理解してください。

 

 

LINEは自分の

 

た、逆もしかり。

 

LINEの対応の仕方1つでハイステータスを

演出することも簡単にできてしまいます。

 

繰り返しますが、

 

人間はいつでもすぐに手に入るものに

価値はありません

 

みんなが欲しくて、尚且つ、なかなか手に入らない

ものの方が価値が高いのです。

 

恋愛でも同じ。 

 

恋愛で価値が高いもの、

それはすなわち『モテる男』です。

 

女性はモテる男性から選ばれたい。

これを忘れないでください。

 

さて、ここまで読んでもらって

 

初めの方に書いた

 

「え? この人他にやることないの?

暇な人なの?」

 

と思われてしまう理由

 

分かりますよね?

 

 

既読スルー

 

違ったやり方で好きな子にLINEを続ければ

既読無視、未読スルーのまま

 

本当の自分の気持ちも伝えられないまま

もう永遠に会えない…

 

なんて可能性は十分にあります。

 

女性の本音を聞いてください。

 

即レス=え、この人暇なの? 必死すぎ笑

 

追いLINE=めんどくさいから一応返信するけど、
キモイんだけど

 

既読無視=もう無理、返信しない理由くらい察して

 

未読無視=ブロック対象だなぁ
(もしくはもうブロック済み…)

 

ここまで読んで

 

「やっちまったかも…」

 

と思い当たる節があったとしても…

 

大丈夫です。

 

私の個人的な感覚ですが

8割ぐらいの男性はやらかしています。

 

好きな女性になると、ほぼ全員やらかします。

 

でも、安心してください。

 

正しいアプローチに切り替えれば

リカバリーはできます。

 

 

恋愛系

 

なみに、YouTubeなどで、これまで話してきた

理論とは逆のことを言っている人がいます。

 

※特に女性の恋愛コンサルタントが多いです。

 

が、嘘です。

 

嘘というか、それはその女性の個人的な意見

だと思います。

 

これまで男性からモテたことがない女性は

(特に学生の時までに)

 

チヤホヤされたことがないので

男性から追われたいのです。

 

だから、自分がされたら嬉しい行動を

話しているだけです。

 

自分の願望、妄想を言ってるだけです。

 

そんな理論を鵜呑みにしても

嫌われるだけなので、

 

絶対にやめた方がいいです。

 

実際に、私のところに

きてくれた生徒さんでも

 

女性の恋愛コンサルタントに

高額のコンサル料金を払った挙句…

 

教えてもらったことは

 

「とにかく話を聞いて褒めろ!」

「常に笑顔でポジティブに!」

「清潔感が大事!」

 

みたいなクソの役にもたたない

アドバイスだけだった

 

なんてケースは本当に多いです。

 

 

好きな女性に送るべき

 

て、女性と一体どんなLINEのやり取りを
するのが正解なのか?

 

女性が男に求めるLINEの対応とは?

 

『焦らして返す』

 

これが正解です。

 

ただ、まずはここまで説明したように

女性にとってあなたが気になる男性

となる必要があります。

 

その上で相手からLINEを送らせ、

そして、焦らして返す。

 

これが正しいLINEのやり取りです。

 

また、『恋愛百科事典』

などでも話しているように

女性には2種類のタイプがあります。

 

返信のタイミング

返信速度

文章量

文章内容

言葉遣い

 

当然、その2タイプによって

LINE文章構成は変わってます。

 

自分がそうされたら嬉しいという

男性の判断基準で、感情の赴くままに

送っていては永遠に好きな女性とは付き合えません。

 

 

そんな細かい

 

「恋愛てなんだか複雑で難しそう…」

 

そう、恋愛は面倒臭いのです。

 

だからほとんどの男性は

ちゃんと勉強しよう、なんて思いません。

 

(そもそも、ちゃんと恋愛を教えれる人も
ほとんどいませんが)

 

お手軽簡単な薄っぺらい恋愛テクニックばかりを追い求めて

永遠に時間とお金を無駄遣いしています。

 

そして、気づいた時にはもう恋愛できないくらいの

年齢になってしまっているのです。

 

ただ、裏を返すと、ほんの少し我慢して、

腰を据えて、恋愛を勉強した人は圧倒的に

モテるようになります。

 

一人勝ちです。

 

まあ、私から言わせると

ほんの少しの努力もできないのなら

 

それはもう好きな女性と

付き合うことなど諦めた方がいい。

 

恋愛はちゃんと勉強して

実践をすれば誰でも必ず結果は出ます。

 

難しくはないのです。

 

みんなやり方を知らないだけです。

 

 

嫌でも女性が

 

れまで私は、メルマガや無料コンテンツで

『LINEはただの連絡ツール』

使わない方がいい、と言ってきました。

 

恋愛は会ってる時が勝負。

 

直接会っている時の会話でどれだけ

好感度を上げるかが大事であり

LINEはあくまでも補足にしか過ぎない

 

と話してきました。

 

それは間違っていません。

 

ただ、『LINEだけで惚れさせる方法』…

ないことはないんです。

 

特に好感レベル3.4なら

LINEは駆使した方が、

 

実は付き合うまでのスピードは

早かったりします。

 

ほとんどの男性がこれらの秘密を知らないので、

正解のLINEを送るだけで差別化できます。

 

それはほとんどんの男性ができていない、

という証拠でもありますが…

 

 

あまりにも

 

んで、それを教えてこなかったのか?

 

いきなりこれを教えても、

ちゃんと使いこなせないからです。

 

あなたが好きな女性に執着してる状態だと

逆効果になりかねません。

 

ただ、私の有料教材でちゃんと

勉強してくれているのなら…

 

そろそろ教えても大丈夫かなと、

思うようになってきました。

 

また、このLINEのノウハウは

あなたと女性との関係性(好感レベル)

によってかなりやり方が異なります。

 

これまでは個別のコンサルの中でしか

上手く伝えられなかったのですが

 

私の中でもパターン別で再現性が高くなるように

教えれるようになりました。

 

なので、今回その方法を教材として

残そうかなと思いました。

 

もう1つ。

 

このLINEノウハウを教えると

好きな子の反応がまありにもいきなり

変わるので、調子にのってしまうのです。

 

「俺はいける!」

 

と実力以上に錯覚をしてしまいます。

 

これも教えるのを躊躇っていた原因です。

 

私が以前、友人のアドバスをしてLINEを送ってもらい

実際会えるところまでセッティングしたことがあります。

 

でも、中身は何も変わっていません。

 

メッキがどんどん剥がれて

結局、その恋愛は上手くいきませんでした。

 

結果的に、友人の恋をダメにしてしまったことに

なるので、封印をしたのです。

 

まずは、会話力、恋愛テクニックをちゃんと練習して

習得してからでないと、期待だけさせる形に
なってしまうので。

 

 

封印された

 

 

基本講義

 

1 恋愛LINEの基礎知識

2 絶対にやってはいけないLINE NG集

3 女性のタイプ別(召使い、姫)  LINE攻略法

4 各好感レベル毎のLINEの対応 完全版

5 LINEで好きな女性を追わせる極意
〜ハイステータスの正しい演出方法〜

6 LINEだけで惚れさせるテンプレート

7 付き合った後に振られないためのLINE術

8 LINEで失敗した時のマインドと 
切り返しパターン別解説

 

※全て音声に配信いたします。

 

 

特典

 

1 第3のタイプ専用LINE対応法

2 付き合ったあとも彼女に振られず、上手くやる秘訣

3 LINE以外で女性を追わせるテクニック解説音声

4 LINE以外で完全に好意バレてしまう行動 
完全解説音声 

5 『強さ』について、完全解説音声

6 LINE以外でハイステータスを演出する方法

 

※全て音声に配信いたします。

※第3のタイプに関しては
『恋愛偏差値向上プログラム ファイナル』で

話した内容です。

 

 

特別

 

場所 東京都内
日時 7月上旬予定
※このセミナーは10人限定の特別プランに
お申し込みの方だけご参加いただけます。

募集終了後、皆様のご予定を聞かせていただき、
全員が参加できる日時を調整させていただきます

 

【セミナー講義内容】

●付き合ったあとに振られないための女性を虜にするH

●風俗嬢を惚れさせるLINE術

 

 

受講プラン

 

●特別プラン

 

1全講義音声配信

2全特典配信

3特別リアルセミナー

4専属スタッフによる3ヶ月間の個別LINE添削サポート

 

※講義は毎週1話ずつ音声にてお送りします。

 

※個別サポートは弊社専属スタッフが

あなたと好きな女性とのこれまでのLINEのやり取りと

今後送るLINEを添削させていただきます。

 

好きな女性に送るLINEで今後、
絶対に失敗をしたくない、という方は

こちらのサービスを受けていただくのがベストです。

 

●通常プラン

 

1全講義音声配信

2全特典配信

 

 

参加費

 

●特別プラン 30万円(税込み価格 33万円) 

募集終了

 

 

●通常プラン 9万3000円(税込み価格 10万2300円)

 

 

お支払い方法

 

銀行振り込みかクレジットカード決済の
どちらかをお選びください。

※クレジットカード決済の場合は分割決済にも対応しております。

 

 

今すぐここをクリックして申し込む!

 

 

 

付き合った後に

 

回のLINEのノウハウが一番、役に立つのは

実は付き合った後です。

 

当然、付き合う前にも役に立ちますし

付き合う直前は油断して失敗しやすくなっているので

今回の内容をマスターして『得』をすることはあっても

『損』は1ミリもないです。

 

でも、今回の講座の真骨頂は、

やはり付き合った後です。

 

私の生徒さんの中でも、

 

恋愛を頑張って勉強し、

努力して好きな女性と付き合えたのに

 

1ヶ月くらいですぐに振られてしまう、

というケースがあります。

 

考えられる原因は2つです。

 

1つ目は

 

付き合えたことで油断をしてしまい

それまでちゃんとできていた
『適切な女性のタイプ別の対応』

をやめてしまう。

 

例えば、召使いなのに好きになり過ぎてしまい

無難な姫対応に戻ってしまうなどです。

 

もっと大切なのは2つ目。

 

それは付き合った後の距離感

を間違えてしまうからです。

 

『惚れさせる』ための適切な

連絡の頻度、会う頻度、会話の内容

 

 

『惚れさせ続ける』ための適切な

連絡の頻度、会う頻度、会話の内容

 

は違います。

 

付き合う前までは基本、そっけないくらいが良いです。

 

が、付き合った後もそれを続けていると、

女性の方が

 

「私、愛されていないのかも…」

 

と、だんだん距離を感じてしまい、

心が離れていってしまうことがあります。

 

また、その逆も然りです。

 

付き合えたことで安心し過ぎて、

彼女と会い過ぎて、彼女に飽きられてしまう。

 

この距離感のミスを一番やってしまうのが

LINEなのです。

 

クロージングできたのに振られた人

告白リベンジできたのに振られた人

好きな女性と付き合えたのに振られた人

 

もしあなたが過去にこの経験をしていたら

シチュエーションごとに適切な距離感を保つ術を

今回の講座で身につけてください。

 

もう、失敗せずに済むようになります。

 

 

最後に

 

回の講座で、
LINEを正しく使いこなせるようになると

 

女性からの返信内容や返信の有無で

無駄に不安になったり、焦ることはなくなるはずです。

 

LINEなど所詮、道具、ツールでしかないのに

これに振り回されて悩んでいる男性が本当に多い。

 

本来、恋とは生きる活力を与えてくれるもの

であるはずです。

 

なのに、それで悩んで人生の大切な時間を

無駄に費やしてしまうのは

非常に勿体無いことだと思います。

 

恋愛には正解があります。

 

それをちゃんと勉強させすれば、

この先、悩むことはもうなくなります。

 

勉強すべきことは多いですが

無限ではありません。

 

腰を据えてちゃんとやれば、

数ヶ月で(人にとっては1ヶ月で)
劇的にモテるようになれます。

 

今好きな女性がいる場合でも

新しい出会いを増やして、

どんどん練習をしてください。

 

そして、できることなら…

 

新しい恋『も』始めてください。

 

その時に、どちらの女性を選ぶかはあなた次第。

 

ただし、選べるかどうかはあなたの恋愛スキルによります。

 

2度と失敗をしないためにも

好きな女性をあなたが選べるようになるためにも

今から準備を万全にしておくことです。

 

もう随分と長い間、恋愛を教えてきました。

 

今回のLINEの講座を通して本当に伝えたいことは

 

『好きな女性と本物の人間関係を築く』

 

ということです。

 

この意味は、講座の中でじっくりと

お伝えしていきたいと思います。

 

あなたに教えることはこれで最後。

 

楽しみにしていてください。

 

 

今すぐここをクリックして申し込む!

 

特定商取引法プライバシーポリシー