【姫タイプが男性を好きになってしまう型的なパターン 全文】
 
タツヤです、
 
先日、知人の紹介で知り合った
20歳の典型的な『姫タイプ』
の女の子と飲んでました。
 
(※私の読者で召使いタイプ、姫タイプを知らない人はいないと思いますが
もし、知らない場合は今すぐ『恋愛百科事典』を買って読んでください。
その理論を知らないと、好きな女性と付き合うことは不可能です。)
 
彼女はアイドルの卵。
 
SNSのフォロワーが5万人ほどで
濃いファンも少しずつついてきています。
 
Dカップのロリ系で
乃木坂にいても十分に通用
するレベル。
 
でも、現在、彼氏がいません。
 
なんならこれまで
Hの経験もほとんどないです。
 
セックスの回数は
合計で10回くらい。
 
「気持ち良い!」
 
と思ったことは
まだ1度もないそうです。
 
過去の恋愛話をさらに深掘りして
聞いていて
 
「ああ、やっぱりなー」
 
と再確認しました。
 
普通に考えたら、
『こんな可愛い子に彼氏がいないはずはない』
です。
 
し、私も常々いろんな媒体で
 
「可愛い子に彼氏がいなわけないから
二番手をキープしろ!」
 
という『鉄板の戦略』を話してます。
 
でも『例外もある』ということです。
 
今日はその話。
 
「どうやったらそういう女性を落とせるのか?」
 
初めは
 
「別に彼氏とかいらないし…」
「今は恋愛よりも仕事…」
 
とか言ってましたが、
 
恋愛をしたくない女性などいません。
 
ただ強がってるだけです。
 
なので、ちゃんと全ての恋愛テクニック
を駆使して恋愛話を深掘りしていくと
少しずつ本音を話し出しました。
 
実は彼女には彼氏はいませんが、
好きな男はいます。
 
まあ、片思い、というやつですね。
 
ただ、普通の片思いと違うのは
『もうすでにHをしている』
ということです。
 
この女性のこれまでの恋愛は
2パターンで
 
1 学校や職場で1番モテる男性に思わせぶりな態度をして
付き合った瞬間に冷めてしまう
 
2 友人の間や自分が所属しているコミュニティで「いいな」と思った男性に
アプローチしても素っ気なくされたので、追ってしまってHをしてしまい
遊ばれる
 
のどちらかです。
 
今回はパターン2です。
 
そしてこれはもう、
典型的な年齢が若い時の姫
の恋愛です。
 
姫とは結局、本質的には
『プライドを保ちたいだけ』
なんです。
 
(※まだ恋愛経験が少ない時に限りますが)
 
自分は可愛い
自分はモテる
 
と、恋愛を通して
常に自分自身のステータスを確認
していたい女性です。
 
(この辺は『ステージ理論』という発達心理学の
理論や親との環境が深く関わってきます。
 
この辺を詳しく話すととてもメルマガで収まりきらないので
詳しく知りたい場合は『恋愛偏差値向上プログラム ファイナル』
で勉強してください。)
 
このタイプを落としたかったら
 
まずは『自分のステータス』を示すこと、
 
そして、『この男性は簡単には手に入らない』
という演出をすることです。
 
姫は周りの友人や世間的に
評価の高い男性を
好みます。
 
なぜなら、そういう男性と付き合うと
自分のステータスも上がるから。
 
なので、そういう男性を見つける
すぐに自分から思わせぶりな態度で
アプローチをしてきます。
 
あなたも思い当たる節はありませんか?
 
学校や職場でやたら積極的で
可愛い女性、みんなのアイドル。
 
意味もなく会話の途中で
じっと目を見つめてきたり
 
いきなり、背中をポンと叩いてきたり…
 
思わずドキッとしてしまいますよね。
 
あれはみんな姫です。
 
 
基本的に
姫は外見が可愛い女性が
多いので、そういう仕草をされるだけで
恋愛の免疫がない『ただカッコいいだけの男』
はころっと落ちてしまいます。
 
そして、いいように姫に弄ばれて
何もさせてもらえないまま、
捨てられます。
 
勿体無いです。
 
 
そうではなくて
 
姫を完全に落としたかったら
 
興味を惹かせて、
追わせたところで引くこと
軽くあしらうこと、です。
 
具体的には『断る』
というテクニックが1番効果的です。
 
『興味を引かせる』
とは言い換えると
 
『好感レベルを4まで上げる』
ということです。
 
どうやったら好感レベルを
4まで上げれるかというと
 
正しい会話テクニックと
正しい姫対応(姫専用の恋愛テクニック)
をすればいいだけ
 
のことです。
 
(※会話に関しては『『恋愛偏差値向上プログラム 会話編』を復習してください
姫専用の恋愛テクニックは『恋愛百科事典』を復習してください。
また、『恋愛偏差値向上プログラム ファイナル』を持ってる場合は
そこに全てが書かれているので、読み直してください。)
 
そもそも私のメルマガを読んてくれてる男性は
(あなたも含めて)誠実で真面目な方がほとんどです。
 
なので、素のままでも姫対応がある程度
できてることが多いです。
 
なので、実は何もしなくても
ありのままのあなたでいるだけで、
姫を無意識レベルで好感レベル4まで
上げれてることが多々あります。
 
しかし、ここに大きな落とし穴があります。
 
それは、こちらが相手を意識していない時
に限ります。
 
男性の場合、相手を意識すると途端に
『惚れさせようとして』
 これまで無意識でやっていたことを あからさにやり始めます。
 
過剰にジェントルマン(いい人)を演じてしまい、
どんどん好意バレをしてしまいます。
 
その結果、あっさりフラれることになります。
 
「では、どうすれば良いのか?」
 
 一言で言うなら 『やりすぎない』 ということです。
 
姫はレベル4になると 
男性を惚れさせようと 色々とやってきます。
 
でも、ここで大切なことは
姫はあくまでもレベル4 だということです。
 
男性に惚れてるわけ
ではない のです。
 
にも関わらず、
 
大抵の男性はこの段階で
 
「もしかして俺のこと好きなのかな?」
 
と勘違いをして、
 
 相手の女性を好きになってしまいます。
 
そうなったらアウト。 
 
もう姫はあなたに興味を無くしてしまいます。
 
なので、相手がいくら、
あなたに対して 思わせぶりな態度をしてきても
相手の誘いに乗らないことです。
 
これまで通りにしていること
 
 そして、『曖昧な好意』を言うだけです。
 
(※曖昧な好意は『恋愛百科事典』
を読み直してください。)
 
これをしばらく繰り返しているうち
姫は焦れて勝手に惚れてしまいます。
 
今回の女性もまさにこれをやられて
今の男性を好きになってしまっています。
 
その男性は無意識でしょうし
「セフレでいいや」
と思ってると思います。
 
ひどい話ですよね。
 
でも、姫の中では「悔しいけど好き!」
となってるのです。
 
ある意味、この実らない恋を楽しんでいます。
 
こういう恋愛のカラクリを知らないと
誠実で真面目な男性は損をして
 
不誠実でチャラい男性が得をしていきます。
 
なので、恋愛を勉強してわざと
『不誠実でチャラい男性』が増えるべきだし
 
あなたにもそうなってもらいたい、
と思ってこのメルマガを書いています。
 
是非、これからも恋愛スキルアップに
励んでもらいたいものです。
 
また、この女性の後日談がありますが
それはまたいつかの機会で。
 
稲村達哉
 
追伸
 
さらに続きが聞きたい方は感想をください。
 
【感想はこちら!】